<< 2号館屋根の上 | main | 伺いますけど。 >>
まずは屋根に上がること。

本日はおてんき

 

最近では珍しい良い天気。

 

こんな日は

当然

屋根の雪下ろしですたらーっ

 

@番頭4号館館長は雪下ろしの依頼を受けて

朝から近所の雪下ろし。

14847290151710.jpg

今回は同業者の方々人影人影人影も一緒です。

14847290205221.jpg

14847290256962.jpg

14847290302633.jpg

 

午後から@番頭

引き続き雪下ろしの依頼を受けて近所の屋根へ。

14847290354244.jpg

この建物、

とっても高くて

上り下りが大変です汗

14847290408685.jpg

暴風雪の日には遠慮したいですひやひや

 

更にもう一件

別の屋根へ。

14847290472116.jpg

 

どこもかしこも

すごい雪の量ゆきゆきゆきになっています。

 

こんな時は

なんだかんだと文句をたれるよりも

まず屋根に上がる。

ということが大事です。

 

この時期、我々の会社周辺では

3種類の人間が居るんですね。

 

1屋根に上がって汗をかく人間

 

2その人に「お疲れ様ニコニコ

と言ってねぎらってくれる人間

 

そして

3屋根に上がらず、かといってねぎらいもせず、

ひたすら「大変だ大変だむかっ」と騒ぎ立てるだけの人間

 

不要です。

3の人。

3社長様

 

心配をするだけなら

小さな子ども子供でも

思うように動けないおじいちゃんおばあちゃんでも出来る。

 

良いのです。社長様よ。

屋根になんて上がらなくて良い。

仕事なんてしなくても良い。

「お疲れ様」なんて言葉もいらない。

せめて

黙っていて欲しい。

疲れた身体に

精神的なストレスで追い打ちをかけてくれる必要は

無いのです。

 

 

@番頭

 

JUGEMテーマ:田舎暮らし


人気ブログランキングへ
カテゴリ:今日の出来事 | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
カテゴリ:- | 18:14 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mirai-ura.jugem.jp/trackback/1937
トラックバック