<< 御柱 | main | 増殖葱 >>
自家製ベーコン
貸民家みらいをご利用のお客様の中には、
燻製(くんせい)を作られている方がいらっしゃいます。

燻製作りは時間がかかりますし、
煙がモクモクと出ますので
都会ではやり辛いかもしれませんね

オールシーズン可能ですから、
貸民家みらいにご宿泊の際、挑戦されることをおススメしたいです


というわけで、

今シーズン勝手にイチ押しの
ベーコン作りをご紹介します。
意外と簡単です

まずは新鮮な豚バラ肉を用意します。
魚沼の銘柄豚「妻有ポーク

塩漬けがよく出来るように、金串などで肉刺しをしておきます。

粗塩や黒コショウなどの香辛料を混ぜ合わせて

これを肉の表面に擦り込みます。

専務もお手伝い。

専務の妹も加わって

大勢でやった方が楽しいですよ

今回の仕込みはバラ肉2kg。



これをポリ袋などで密封して、
冷蔵庫で1週間ほど寝かせます

寝かせ終えたら
流水とかで塩抜きして風乾します。

ここから
いよいよ燻煙です
今回は貸民家みらい2号館の玄関先にて開始

まずはスモーカー(燻製器)の登場です
使用するのは
お手製のお手軽段ボール燻製器

燻製器と呼べるほどのものではありませんね
中段に網を置いて、バラ肉をのせます。
フックで吊るしてもOK。
上部に温度計をセットします。

スモークチップや熱源を置くための容器は、
使い古した鍋やフライパンを使っちゃいます。

下部から出し入れ可能にすれば便利。


最初は温度を40〜50℃に保って
煙をかけずに1〜1時間半温熱乾燥します。

今回の熱源は木炭です。
火の用心

徐々に温度を上げて
燻煙開始

60〜65℃で4時間ほど燻煙します。

途中でひっくり返したりして、ムラなく仕上げます。

スモークの良い色合いになりました

燻煙が終わると、このように
周辺が燻されて茶色くなりますのでご注意を


燻煙が終わったら冷蔵庫へ。

このままでも美味しいですが、
一晩おいて身を引き締めて完成です



全行程9日間ほどです。

日数はかかりますが、
簡単ですので是非チャレンジしてみて下さい

塩抜き&風乾まで済ませておけば、
貸民家みらいにご到着後の燻煙開始で
お夕食にはお召し上がり頂けます


@番頭

JUGEMテーマ:燻製
 

人気ブログランキングへ
カテゴリ:新着情報 | 15:14 | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト

人気ブログランキングへ
カテゴリ:- | 15:14 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mirai-ura.jugem.jp/trackback/1056
トラックバック